ニキビ跡を自宅でケアする方法はあるのか

ニキビ跡を自宅でケアする方法はあるのか

老若男女様々な人を悩ませるニキビですが、やっと治ったと思ったらニキビ跡が残ってしまった、そんな経験をしたことがある方は沢山いらっしゃることでしょう。

 

ニキビ跡とはその名の通りニキビが出来た跡のことですが、一体どうして出来てしまうのか、自宅でケアする方法はあるのかと悩むこともあるでしょう。

 

ニキビ跡にも種類があり、それによってケアの方法も異なります。まず膨らみや痛みなどは無いけれどポツポツと赤みが残っているといったニキビ跡ですが、この場合肌のターンオーバーが正常に行われていれば自然と治ってくるという比較的軽度のニキビ跡です。どうしても治らない場合にはターンオーバーが乱れてしまっている可能性があるため、ビタミンなどを摂取するように食生活の改善をこころがけたり、良質な睡眠をしっかりとったりといった生活習慣の乱れを直してあげましょう。適度な運動やニキビ跡に特化したスキンケア商品などを用いることも対策として有効です。

 

赤みのあるニキビ跡と同様に痛みなどはないけれど、茶色いシミのようになってしまうニキビ跡もあります。こちらもターンオーバーの乱れが原因であるといわれていますが、メラニン色素が残ってしまっている分赤いものよりも少し厄介です。自宅でケアする際には美白効果のある化粧品などを使ってあげると改善する場合があります。

 

 

最後はニキビがあった場所が月にあるクレーターのようにくぼんでしまうニキビ跡です。このニキビ跡はニキビを潰してしまった時などに出来てしまうもので、皮膚の真皮層まで傷つけてしまった結果くぼんでしまいます。他の2つのニキビ跡と違い自宅でケアすることが難しいニキビ跡なため、綺麗にするためには専門のクリニックで治療する必要があります。しかし完全に綺麗にすることは難しいものの、自宅でもニキビ跡用の化粧水やターンオーバーを正してあげることで症状を緩和することは可能です。

 

 

ニキビ跡のケアにはかなりの長期戦を強いられることもあるため、しっかりと習慣づけてケアしてあげましょう。